顎関節症

なぜ?マウスピースをしても改善しなかった顎関節症が当院の施術で改善するのか?

こんな顎関節症の症状にお悩みではございませんか?

  • 口を開け閉めすると顎がガクンガクンなる
  • 口が開けにくかったり、閉じにくかったりする
  • かみ合わせが悪いので見た目も気に入らない
  • マウスピースを入れてみたが改善しない
  • 食事の時に気になってストレスを感じる

このようになかなか改善されずお悩みの方がたくさんおられます

なぜ、あなたの顎関節症は今まで改善しなかったのか?

顎関節症の原因となる根本の癖を直さないからです

顎関節症はアゴ関節の位置を調整したりして改善する事はありますが、それは一時的にマシになっているだけで、時間が経つと再発する可能性があります。

顎関節症の方は、日常的に歯を強く噛み締めたり、睡眠中に歯ぎしりをしたりする癖があります。

アゴ関節の調整も大事ですが、一番大事なのは生活習慣の見直しです。

生活習慣を見直す事によって、アゴにかかる負担を減らしてあげない事には、いくら施術したとしても改善されません。

まずは根本の原因を突き止めて、そこを改善しなければなりません。

そもそも顎関節症の原因ってなに?

日々のストレスが溜まり過ぎたりアゴ関節がずれるからなんです

顎関節症の原因はストレスと、アゴの関節の位置がずれているからと言われています。

ストレスが溜まっていて無意識に歯を強く噛み締めたり、睡眠中に歯ぎしりをするようになったり、またスポーツや力仕事をしている人は、力んだ時に噛み締める事が多いので顎関節症になりやすいのです。

この噛み締めるという行為を長期間続けていると、アゴの関節が正常な位置からずれて不安定な位置にきてしまい、その結果「物を噛んだ時に痛む、口を開いた時に音が鳴る」といった症状がでてきます。

これが顎関節症です。

歯ぎしりや、歯を強く噛み締める習慣があると、口を開けたり、物を噛んだりする時に使う筋肉を使い過ぎている事になります。

筋肉を使い過ぎるとダメージや疲労を与える事になってしまいます。

筋肉にダメージや疲労が溜まっていくと、筋肉が固まってしまい、思うように口を開けたり、物を噛んだりする事が難しくなります。

そのためストレスが溜まってしまい、さらに歯を噛みしめたり、歯ぎしりがひどくなって関節の位置がまたずれる。といった悪循環になる方が多いのです。

まずはストレスを無くすために、生活習慣の見直しから始めて、根本から改善していきましょう。

では、なぜ当院の施術で顎関節症が改善するのか?

その場しのぎの改善ではなく
原因の根本から改善するからなんです

院長の写真

顎関節症になる方は普段の生活の中に原因が多くあります。

その原因から改善する事で、顎関節症にならないための「身体づくり」をさせていただいております。

 

また当院ではトリガーポイント療法を取り入れております。

トリガーポイントとは大きく言うと「硬いしこり」や「押すと痛みを発生させるポイント」の事です。

痛みがある方の身体にはトリガーポイント(トリガー=引き金)というものがあります。

当院では、顎関節症のトリガーポイント(引き金点)の筋肉である咀嚼筋を押圧し、血液の流れを良くする事で、トリガーポイントに発生している筋肉の固まりを少しづつ取り除いていきます。

筋肉も緩み、関節も柔らかい状態になれば、後は顎関節症を再発させないようにアフターケアを行ってまいります。

咀嚼筋が固まる原因となっている習慣や、肩周りの凝りをひどくする姿勢の癖を改善すべくエクササイズをお伝えし継続してもらうように徹底します 。

その場しのぎの施術ではなく再発防止も含め、根本の原因から改善してきます

院長からのメッセージ

院長 吉田 荘之助

「放っておけばなんとかなる」と鷹を括っている方は、そのうちに悪循環に陥ってしまう可能性があります。

やがて全身の筋肉が疲労してしまいますので、まずいなと感じましたらお気軽にご連絡ください。

ホームページ限定キャンペーン