むち打ち・頚椎捻挫

車での衝突事故などによる首への強い衝撃から、筋肉や靭帯などの軟部組織が損傷することによって発症します。

その為、首・肩の痛み、こり、頭痛を感じたり、首を後ろに反らすことが出来なくなります。

事故の衝撃で背骨に歪みが生じていたりすると、何ヶ月も後頭部の痛みや、めまい、耳鳴り、吐き気、眼精疲労などが続いたりすることもあります。

受傷直後の急性期には、冷却、固定をして安静にし、1~2週間して痛みがひいてきたら、筋肉を固めないように動かしたりストレッチをしたりといったリハビリテーションが必要になります。

当院の施術

当院では、首や肩の凝り固まった筋肉を緩め、無理の無い範囲で動かすことをしていきます。

筋肉で覆われた関節を回復し、背骨の歪みも解消することで、慢性化した症状も改善していきます。又、自宅でできる簡単かつ効果的なストレッチ方法をお教えいたします