手首の痛み(腱鞘炎)

手首の痛みは、その痛む場所によって原因が異なりますが、基本的に同じ動作を繰り返すことにより、神経、関節、軟骨、靭帯に損傷が起こり痛みが生じます。

軽い物を持つだけで手首が痛んだり、マウスを掴んだり、ドアノブを回すだけで痛みが生じる事もあります。

「使い過ぎによる腱と腱鞘の間の機械的な摩擦による炎症」、すなわち腱鞘炎は、家事をする主婦や、パソコンなどの手作業が多い人に起こったり、出産後や更年期などのホルモンのバランスが崩れた時に起こることが多いと言われています。

炎症を起こしている腱自体は安静にするのが一番です。極力痛みを生じさせる作業を控えるようにしましょう。

当院の施術

首、肩、腕、肘、手首で神経の圧迫を起こしている場所を探し、原因となっている筋肉をしっかり緩めて神経を解放します。又、動きの悪くなっている関節を無理なく動かして柔軟性を回復していきます。

神経を圧迫しにくい姿勢や痛み、しびれを予防するエクササイズをお教えします。