妊娠中や産後の腰痛・体の違和感

妊娠中はお腹がどんどん大きくなるために体の重心がズレていくだけではなく、体内のホルモンバランスの変化が自律神経のバランスも崩します。

妊娠5ヶ月ともなると、お腹が急に大きくなるため、腹筋の筋力が衰え、リラキシンという骨盤を緩めるホルモンが分泌される為に、反り腰や骨盤の前傾のような、お腹を前にせり出した姿勢になりがちです。

これは腰痛の原因となるとともに、脚の付け根が圧迫され、脚のむくみや付け根の痛み、こむらがえりに発展します。

当院の施術

当院では、安定期に入った、16週~35週の方にマタニティ整体を実施しております。

妊娠中のお体やお腹の中の赤ちゃんの負担にならない座った姿勢や横向きの姿勢(シムスの姿勢)の体勢で、筋肉の疲労を取っていくと共に、動きにくくなった股関節や肩関節を動きやすくすることによって、体のバランスを整えていきます。(ボキボキといった関節調整は致しません。)

それにより、肩こり、腰痛、頭痛、冷え性の改善だけでなく、胎児への栄養や酸素の運搬を促進する効果も大いに見込まれます。

また、大きなお腹を支える筋力をつけるための、簡単な体操や姿勢のアドバイスも行い、出産までの体をトータルにサポートして行きます。

その結果

☆痛みが軽くなり、快適なマタニティライフが送れます☆ 妊娠中は何かと不安が多いものです。ホルモンバランスが急激に変化すると共に体も毎日変化していきますし、痛みの出る場所も変わってきます。 施術はその時々の体調や状態に合わせて行っていきますので、出産までの時間を安心して送ることができます。

☆出産・産後に向けて☆ 出産は骨盤まわりの筋肉や靭帯に多大な負担をかけます。妊娠中から体のバランスを良くしておくことにより、歪みやすくなった体をリセットする産後の骨盤ケアにスムーズに移ることができます。