新逗子で喜びの声掲載数No.1を誇る整体院

逗子整体院


頭痛の原因になる筋肉は何?(緊張型頭痛 Vol.3)

緊張型頭痛は筋肉の緊張によって引き起こされます。

原因として多いのが首肩の筋肉です。

首肩の筋肉は頭を支えるという「物理的ストレス」と脳に近いことで受けやすい「精神的ストレス」の2つのストレスに晒されているため、負担がかかりやすく緊張しやすいです。

頭痛の原因になりやすい3つの筋肉

  • 僧帽筋(そうぼうきん)
  • 板状筋(ばんじょうきん)
  • 胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)

僧帽筋(そうぼうきん)

souboukin2.png

頭痛の原因となるのが僧帽筋の上部です。

僧帽筋は後頭骨から肩甲骨に覆いかぶさるようにして、背面に着いています。

上部は首の後ろについているのですが、比較的薄く首の動きに関してはあまり関与していません。

僧帽筋の上部の筋肉は「肩甲骨を上に持ちあげる」、「肩甲骨が下に引っ張られないように位置を固定する」役割があります。

背中を丸めた不良姿勢は楽なように感じますが、僧帽筋はリラックスできていません。

猫背では背中が丸まり、肩が前方に移動することにより、肩甲骨は外側に引っ張られます。

この外にいこうとする肩甲骨の位置を固定するために、僧帽筋が緊張します。

板状筋(ばんじょうきん)

banzyoukin.png

板状筋は僧帽筋の下層にあり、頭板状筋と頚板状筋があります。

機能は、顔を上に向ける動作「頚椎の伸展」で最も働く筋肉で、頭を横に倒す「側屈」、後ろに振り向く動作「回旋」でも働きます。

メインの動作は「頚椎の伸展」です。

背中を丸めた不良姿勢では前側に移動した頭が下に落ちないよう、位置を固定させるために板状筋に負担がかかります。

胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)

kyousanyu-totukin.png

首を回した時に浮き出る筋肉です。

下を向く動作「頚椎の屈曲」、頭を横に倒す「側屈」、後ろに振り向く動作「回旋」でも働きます。

側屈と回旋は先に紹介した板状筋と協力して行います。

頚椎の屈曲で使われるので、背中を丸めた不良姿勢では下を向きに縮んだ状態になります。

板状筋が頚椎の「伸展」胸鎖乳突筋が「屈曲」という反対の働きをします。

この正反対の働きをする2つの筋肉が両方同時に働くことで、頭部の位置を安定させる役割があります。

まとめ

首には「頭を支える安定性」と「視覚や聴覚などの情報を得るための俊敏な可動性」という相反する役割が求められます。

また、頭と胴体をつなぐ重要な器官が通っているため、それらを守るという大事な役割もあります。

今回は頭痛の原因になりやすい首肩の筋肉を3つ紹介しました。

次回は首肩の筋肉の緊張によって頭痛が起きるメカニズムについてまとめます。

逗子整体院 崎浜

bloghpb.png blogdennwa.png

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

逗子整体院のご案内

住      所:
〒249-0006 神奈川県逗子市逗子4丁目1-2 シャインコート逗子1F
アクセス:
JR逗子駅より徒歩4分/ 京急逗子・葉山駅(旧名:新逗子駅)より徒歩2分
お問い合わせ・ご予約
046-872-1281
営業時間:
平日 9時30分~20時
土日 8時30分~17時
定休日:
不定休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ