日本最古の跨線橋

こんにちは、須藤です。

いつもJR逗子駅を使っているのですが

ホームに何気なく設置してあるモニュメントがあります。
ご存知の方もいらっしゃると思いますが

1番ホームの中程にある「旧逗子跨線橋の柱」です。

 

これは平成19年8月までは現役で使われていたもののうちの1本だそうです。

バリアフリー化工事で跨線橋の取り壊しが決まりましたが,その柱の刻印から歴史的価値があることがわかり,逗子市民の方たちが保存を求めて署名活動を行うなどしてJR側に働きかけ、要請を受けたJR東日本横浜支社が調査を交通博物館に依頼し,結果その価値が認められ,保存が決まったものだそうです。

 

跨線橋脇にある解説によれば「柱は鋳鉄製で,新橋工場で製作されたこ線橋の柱としては,現時点で日本最古のものであり,建設時から撤去まで同一の駅で使用され続けたこ線橋としても日本最古のもの」ということです。

 

ひっそりと建っている柱ですが、歴史的価値があるんですね。

こうゆうものを後世に残していくことは、良いことだなと思いました。

機会があればこういった歴史的な建造物を、いろいろと探してみたいと思います。