変形性脊椎症

椎間板は加齢にともない、徐々に水分を失ってつぶれていきます。
過度にクッションを失った場合、椎骨同士がぶつかりあって磨耗し、骨棘というトゲができることがあります。
背骨は不安定になり、周りの筋肉や神経への負担が増し、腰痛が起こります。